映画上映会と「田中佑芽・作品展」

 

炎の雫、1年経ちました。短かったような、長かったような、いろいろあった1年でした。

試行錯誤の1年でもありました。そうして、今、初心に帰ろうと思います。そもそも、炎の雫は、発信する場でありたい、いろんな表現活動をやろうとしている人たちを応援する場でありたいとの思いをもってスタートしました。それを実践するのは、なかなか難しいと身をもって知りました。でも、やっぱり、そうありたいと、夫と二人で確認し、気持ちを新たに続けていこうと思います。どうぞ、今後共よろしくお願いします。

 

というわけで、1年を機に、イベント企画の幅を広げていこうと思います。

第1弾として、映画上映会を行います。きっかけは、私の職場・児童館の関係で、この映画を見たことにありました。「逃げ遅れる人々~東日本大震災と障害者」というドキュメンタリー映画の上映会と監督とのトークの企画に参加、考えさせられることがたくさんありました。監督が、「自分は障害のある人といろんな関わりを持ってきたのに、震災の時、彼らのことなど思い出しもしなかった。そういえば障害のある人たちはどうしていたのだろうと思ったのは、ずいぶんたってからでした。」と言いました。多くの人がそうでしょう。そんな中で、あの時から何が起きていて、どう続いているのか、まずはそれを知ることが必要なのではないか、という思いを強く持ちました。炎の雫でも上映会ができないかな、そういえば、家の息子が働いているライブハウス『36.5°』にDVDの映写機があったことを思い出し、マスターのノブさんに相談すると、快く貸してくれることになり、上映会が実現することになりました。11月に、曜日をバラバラにして4回やります。ひとりでも多くの方に見て欲しい、そしてそれぞれに考えて欲しいと思っています。どうぞ足を運んでください。

 

それと並行して、ギャラリーでの展示の話も進めていました。展示は、今まで、「スワヒロミ・影絵人形展」と「陸前高田海の写真展(小野文広浩)」をやっています。ずっと展示の企画も探しているのですが、なかなかなくて…。そんな時、夫が何回か歌いに行っている滋賀の太子ホールをやっている方のお嬢さんの作品を、夫のフェイスブックで目にしました。絵と言葉、なんだかあったかい感じでいいなと思いました。それが田中佑芽さんです。ゆめさんは、障害者作業施設に在籍し、工房のアトリエで作品を制作しています。聞けば、時々展覧会をやったりしているとか、それなら炎の雫で展示してくれないか聞いてみようということになり、ご本人も喜んでくれて、話が決まりました。どうせなら、映画上映と同時期に、来てくださった方に見て欲しいと思い、10月31日から4週間、11月26日までとなりました。(ちなみに10月31日は、1周年記念の水野たかしのライブです)ポストカードの販売も行う予定ですので、お楽しみに。

 

そんなこんなでこれからの炎の雫、皆様に何かを発信し続けていけるように、頑張りたいと思います。

よろしくお願いします。(佳)

 

*映画上映会・田中佑芽作品展  詳細は《イベントのお知らせ》を後覧下さい。

 

コメントをお書きください

コメント: 2