東京の吹雪体験

いつの間にか1月が過ぎ、もう2月と思ったら、東京に大雪が降りました!

 

昨日は、私の第2の母校である東北福祉大の東京でのスクーリングのお手伝いで、お台場方面にいました。

朝起きると、もう雪が積もっています。私は受付として遅れるわけにはいかないので、7時前に家を出ました。ゆりかもめは止まりそうなので、りんかい線を使って東京テレポートの駅から歩きました。朝はすんなり行けました。実はゆりかもめも動いていました。でも雪はどんどん降り積もっていきます。お昼前にはゆりかもめが止まったとの情報。なんとなく不安になっていきます。午後になると、雪は横に流れていく降り方に。3時半ころから、ゆりかもめ以外の電車も止まり始めました。スクーリングは夕方の4:40終了、その時点ではりんかい線と山手線は動いているとの情報。(実は情報源は炎の雫にいたうちの夫、メールで電車の状況を伝えてくれて助かりました!お店暇だったみたいです。)学生さんたちに、できるだけ情報をお伝えし、片づけをして会場の国際学生交流館・プラザ平成を出ました。

 

会館の前の道は雪が深く積もっています。降る雪は吹雪みたい、視界は真っ白。仙台から来た先生も驚く大雪です。歩くうちに、雪はまるで礫のようになり、強い風に吹きつけられて顔にあたると痛い、痛い。時折吹く突風に傘は飛ばされ、傘をさすのは諦めました。ダイバーシティーの辺りに来ると、道端に壊れたビニール傘が点々と捨てられています。人通りも少ないし、景色が全く変わっていて、朝通ったのと同じ道とは思えません。朝は下の道を歩いて行ったのですが、歩道橋の通路があり、半分屋根があるので、そっちの方がいいかなと上がって、違う方に降りてしまい、方向がわからなくなって遭難しそうになりました。実は、朝友人から「遭難しないようにね」というメールをもらって、〈なに言ってんの〉と思ったのですが、冗談じゃなくほんとになりそうでした。通りかかった人に駅を教えてもらいましたが、東京のお台場でこんな体験するなんて、びっくりでした。そのあとは地下鉄を乗り継いで帰りましたが、新高円寺の駅を降りて、またびっくり。完全に雪国になってました。

 

実は9日はごはんの会の予定でしたが、これでは来るのも危険なので延期にすることにして、みんなに連絡したりしていたら、夫がお店から歩いて帰宅しました。自転車は雪に埋もれて凍り付いているので置いてきたそう。炎の雫の窓の外にある室外機の上には30センチ以上の雪が積もっていると言います。ほんとに大雪になりました。これほど降ったのは、私が大人になってからはないんじゃないかと思います。しばらく後遺症がありそうですね。

 

一夜明けて、今日はいいお天気。うちの前は、2階に住む小学生の兄弟がすっごく頑張って雪掻きをしてくれて、出入りに支障なくなっています。ふと見ると、雪だるまがいます。ちょっとシュールな顔つきの雪だるま、彼らが作ったのかな。その顔をを見ながら、選挙に行かなくちゃと思っている日曜の午後です。(佳)

 

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    sekstelefon (火曜日, 31 10月 2017 20:38)

    niechruszczący

  • #2

    sextelefon (水曜日, 01 11月 2017 02:47)

    nieprzegniecionego